本文へスキップ

  ASHIKAGA MUSEUM OF ART

〒326-0814 栃木県足利市通2丁目14-7

TEL.0284-43-3131

「作品の声を聴こう」参加者募集


「風景のかたち −前田真三と現代日本の風景写真」では、小学生を対象にした、対話型鑑賞の会「作品の声を聴こう」の参加者を募集しています。

 日本の美しい風景写真の展覧会を、みんなでおしゃべりしながら、じっくり見てみましょう。よく見て、みんなでお話しすることで作品に一歩近づく対話型鑑賞で、展覧会を楽しみます。

 

こんなふうに鑑賞します
まずは目の前の作品をじっくりと見ます→作品の中の色やかたち、その他いろいろなところから見つけたこと、思いついたこと、想像してみたことを、ことばにして話してみます→他の方が話すことばにもじっくりと耳を傾けます→自分と同じ感想に共感を感じたり、自分とは違う感想や意見からは、作品の新しい見方や思いもよらなかった面白さを知って、作品の理解が深まります

 

日時:9月18日(日)午後2時より(午後4時ころまで)
会場:足利市立美術館(多目的ホール・展示室) 
対象:小学生 
 *お子さんは保護者と別れてのグループ鑑賞になります。
 *保護者も、大人のみのグループでご参加いただけます。
参加費:無料
 *当日は「家庭の日」につき、同伴の保護者の入館が無料です。
定員:15名
申し込み:足利市立美術館にて受付中です。電話(0284-43-3131) もしくは直接来館にてお申し込みください。
 *定員になり次第締め切らせていただきます。
会場:足利市立美術館(多目的ホール・展示室) 
対象:小学生 
 *お子さんは保護者と別れてのグループ鑑賞になります。
 *保護者も、大人のみのグループでご参加いただけます。
参加費:無料
 *当日は「家庭の日」につき、保護者のご観覧が無料です。
定員:15名


協力:あしかが対話型鑑賞の会、アトリエmado、ARDA・対話型鑑賞研修会会員



最近行われた鑑賞会の様子です




「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(2015年/主催:アトリエmado)

http://acmoa.blog.fc2.com/blog-entry-205.html で詳細をご覧いただけます(美術館のブログより)






「画家の詩、詩人の絵展」(2016年/協力:あしかが対話型鑑賞の会、アトリエmado、ARDA・対話型鑑賞研修会会員)

http://atoriemado.blog72.fc2.com/blog-category-2.html#entry238で詳細をご覧いただけます(アトリエmadoのブログより)






「高島野十郎展」(2016年)



 「対話型鑑賞」とは
 一つの作品を、美術などの知識にたよらず自由に観て、その感想をみんなで話し合いながら作品の理解を深める鑑賞法です。展示室で出品作品をもとに、ファシリテーター(司会役)が参加者に質問をしながら対話を進めます。
 もともとは、ニューヨーク近代美術館(MOMA)で子どもの美術教育のために開発された鑑賞法です。今では世界中の美術館や学校で取り入れられており、次のような能力の育成が期待されています。
・ 観察力、想像力や、自分で考える力
・ 自分の考えを話し、人の意見を聴く力、コミュニケーション能力
・  答えのない問いを考え、学び続ける力



足利市立美術館

〒326-0814
栃木県足利市通2丁目14-7
TEL.0284-43-3131
FAX0284-43-3133

更新:2016/10/8
足利市立美術館ブログ





2016年度カレンダー

2016年度年間スケジュール