本文へスキップ

  ASHIKAGA MUSEUM OF ART

〒326-0814 栃木県足利市通2丁目14-7

TEL.0284-43-3131

次回の展覧会



涯テノ詩聲(ハテノウタゴエ )詩人 吉増剛造展

2017年11月3日(金・祝)~12月24日(日)




1.詩集の彼方へ


 吉増剛造は、1964年に第一詩集『出発』(新芸術社)を刊行して以来、現在まで20冊あまりの詩集を含む、70冊を超える著作を発表してきました。その軌跡を辿ることで、吉増が現代詩の枠にととまらず、文学の限界を押し広げ、新たな言葉の可能性を表現し続けていることが明らかになるでしょう。ここでは、半世紀におよぶ詩作の中から、代表的な10冊の詩集を時代ごとに選び、吉増の活動を振り返りながら、各時代で関わりある人々の作品や資料をあわせて紹介します。
 1. To a Place Beyond the Poems

  Since the publication of Departure, his first collection of poems (Shingeijutsusha Publishing), Gozo Yoshimasu has published more than seventy books, including twenty collections of poems. This extensive series of his works clearly show that Yoshimasu has been expanding not just the limits of contemporary poetry but also those of literature while exploring the possibility of new verbal expressions. In this section, from among the poems he has written for more than half a century, we have selected ten collections representing the creative activity characteristic of each period of his artistic life. We also present, in addition to other materials, works by artists and writers related to him at that time.

 
『黄金詩篇』(思潮社、1970年) 
 

吉増剛造 《『王國』原稿》作家蔵

 

高村光太郎《手》台東区立朝倉彫塑館蔵
 

中西夏之《コンパクト・オブジェ》足利市立美術館寄託(浅川コレクション)


 

加納光於《桃色の魚座に沿って-吉増剛造のために-》千葉市美術館蔵

 

森山大道《東京タワーから》東京工芸大学 写大ギャラリー蔵 © Daido Moriyama Photo Foundation

 
 『草書で書かれた、川』(思潮社、1977年)
 

吉増剛造《「八月の夕暮れ、一角獣よ」原稿》作家蔵

 

若林奮《LIVRE OBJECT》個人蔵

 

若林奮《ドローイング1999..3》(『武蔵野美術』No112(武蔵野美術大学出版部)挿画「道路の遠近を忘れたり」-地図 その1に掲載)》WAKABAYASHI STUDIO蔵
 
『熱風 a thousand steps』(中央公論社、1979年) 
 

吉増剛造《『絵馬、a thousand steps』原稿》個人蔵
 

吉増剛造《恐山撮影写真》作家蔵

 
『オシリス、石ノ神』(思潮社、1984年) 
 

吉増剛造《「オシリス、石ノ神」原稿》作家蔵

 

折口信夫《『死者の書』初出誌自装本》國學院大學 折口博士記念古代研究所蔵

 

柳田國男《松山からの田山花袋宛絵葉書(明治41年7月31日)》田山花袋記念文学館蔵
 

中上健次《「熊野集4 花郎」原稿》個人蔵

 
『螺旋歌』(河出書房新社、1990年) 
 

吉増剛造《「螺旋歌」原稿》作家蔵

 
 『花火の家の入口で』(青土社、1995年)
 

吉増剛造《「「石狩シーツ」原稿》北海道立文学館蔵


 

《『大野一雄 石狩の鼻曲り』(かりん舎)掲載写真》(中森敏夫撮影)

 

奈良原一高《人間の土地 緑なき島-軍艦島「立坑のリフトに乗る抗夫達」》東京都写真美術館© Ikko Narahara


 

吉増剛造《夕張多重露光写真》作家蔵

 
『「雪の島」あるいはエミリーの幽霊』(集英社、1998年) 


吉増剛造《『「雪の島」あるいはエミリーの幽霊』原稿》作家蔵
 
 『The Other Voice』(思潮社、2002年)
 

吉増剛造《「The Other Voice」 原稿》作家蔵


 

吉増剛造《「旅のまんだら絵」原稿》作家蔵

 
 『長篇詩 ごろごろ』(毎日新聞社、2004年)
 

吉増剛造《「ごろごろメモ 2004.6.9 三省堂」原稿》作家蔵

 

大平ミホ島《尾敏雄宛手紙(1945.8.13)》かごしま近代文学館蔵

 

島尾敏雄《大平(島尾)ミホ宛手紙(1945.8.14)》かごしま近代文学館蔵
 

東松照明《太陽の鉛筆「宮古島」》東京都写真美術館蔵© Shomei Tomatsu INTRFACE

 
 『怪物君』(2016年、みすず書房)
 

吉増剛造《『怪物君』原稿》作家蔵




2.写真を旅する

  詩人として出発した吉増剛造は、その活動の初期から数多くの写真を撮影し、それらは詩作にも影響を与えています。国内外の様々な場所で撮られたこれらの写真は、1970-80年代よりしばしば自著の中でも使用され、1990年代以降はギャラリーなどでの発表が始まりました。さらに、現在にいたるまで、吉増独自の多重露光写真を中心に、国内外各地で精力的に写真展が開催され、3冊の写真集が刊行されています。写真家としての吉増も、その活動を辿る中で重要なものの一つです。
 

2. The Travels and Photos

 Starting his career as a poet, Gozo Yoshimasu has also taken many photos from early on, and they have influenced his poetry works. His photos taken in Japan and overseas often appeared in his books in the 1970s and 1980s and began to be exhibited at art galleries in the 1990s. To date, his photo exhibitions, especially the ones focusing on Yoshimasu’s unique multiple exposure photos, have taken place frequently in Japan and overseas, and three collections of his photos have been published. In other words, understanding Yoshimasu as a photographer is an important step toward understanding his entire career.

 
 

吉増剛造モノクロ写真 作家蔵

 

吉増剛造モノクロ写真 作家蔵

 

吉増剛造《『何処にもない木』(詩論社、2006年)掲載写真作品》作家蔵
 

吉増剛造沖縄写真 作家蔵

 

吉増剛造多重露光写真 作家蔵

 

吉増剛造多重露光写真 作家蔵
 

吉増剛造多重露光写真 作家蔵
 

吉増剛造多重露光写真 作家蔵



3.響かせる手


  現代の詩人の中で、吉増剛造ほど、手で言葉を記すという行為を深めてきた者はいないでしょう。豊かな色彩と文字で記された吉増の原稿は、直筆原稿のイメージを越えて見るものを魅了します。近年では、きわめて細やかな文字が記された上からさらにインクなどで彩られ、絵画的ともいえる表現へと発展し、そこからは、書家としての吉増剛造の姿が新たに見えてくるでしょう。ここでは、現在の吉増の作品のほか、吉増が言及してきた様々な表現者、書き手の原稿、書などの作品をあわせて紹介します。
 

3. The Echoes of Hands

  No other poet has continued furthering the act of writing words by hand as deeply as Gozo Yoshimasu. Yoshimasu’s manuscripts, replete with handwritten characters in brightly colored ink, surpass ordinary images of autograph manuscripts and fascinate us. Recently, Yoshimasu even began to embellish his manuscripts full of very small handwritten characters with colored ink or other painting materials; this shows the development of his expression into a more pictorial one and reveals a new aspect of Gozo Yoshimasu as a calligrapher. In this section, we present Yoshimasu’s recent works along with manuscripts and calligraphic works by artists and writers he has referred to.

 
 

吉増剛造『根源乃手/根源乃(亡露ノ)手』原稿》作家蔵


 

瀧口修造《デカルコマニー》足利市立美術館寄託(浅川コレクション)

 

萩原朔太郎《「手」原稿》前橋文学館蔵


 

萩原朔太郎写真《薄暮》前橋文学館蔵

 

川合小梅《小梅日記》和歌山県立図書館蔵

 

松尾芭蕉《「ちりうせぬ」句文懐紙》山寺芭蕉記念館蔵

 

与謝蕪村《「おもだかの」発句自画賛》山寺芭蕉記念館蔵

 

浦上玉堂《山林読書図》福島県立博物館


 

良寛《あさづくひ》良寛記念館蔵

 

吉増剛造《火ノ刺繍》作家蔵




足利市立美術館

〒326-0814
栃木県足利市通2丁目14-7
TEL.0284-43-3131
FAX0284-43-3133

更新:2017/10/23
足利市立美術館ブログ





2017年度カレンダー

2017年度年間スケジュール