本文へスキップ

  ASHIKAGA MUSEUM OF ART

〒326-0814 栃木県足利市通2丁目14-7

TEL.0284-43-3131

開催中の展覧会



長谷川利行 展

生きることは絵を描くことに価するか

2018年11月13日(火)~12月24日(月・祝)



《水泳場》1932(昭和7)年 板橋区立美術館蔵

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30分まで)
休館日:月曜日(12月24日は開館)
観覧料一般 700(560)円 高校・大学生 500(400)円 中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金

*「足利学校さままつり」開催期間(11月23日(金・祝)~25日(日)の3日間)は観覧無料となります。*各種障がい者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料となります。
*「あしかが いきいきパスポート」をお持ちの方および両毛広域都市圏内にお住まいの65歳以上の方は無料です(住所・年齢を確認できるものをご提示ください)。
*第3日曜日「家庭の日」(11月18日、12月16日)は、中学生以下のお子さまを同伴のご家族は無料となります。

主催:足利市立美術館
企画協力:一般社団法人INDEPENDENT
協力:長谷川利行の会、公益財団法人 足利市みどりと文化・スポーツ財団、東武鉄道(株)


「生きることは絵を描くことに価するか」
これは長谷川利行(1891-1940)の言葉です。逆説のように聞こえますが、彼にとって生きる実感を得られるのは描いている時だったのではないでしょうか。生きているから描けたのではなく、描いていたから生きていけたと思えてなりません。彼は生活のほとんどを捨て去っています。居所を定めず、職を持たず、家庭もなく、最後は行倒れとして養育院に収容され、誰にも看取られずに死去しました。しかし、どんなに生活がすさもうとも、あるいはすさむほどに、のびやかで、美しい、自由な絵が生まれ、私たちの許に遺されました。
 利行は京都に生まれ、20代まで文学に傾倒し、短歌を詠む傍ら水彩画を描いていました。30歳頃上京し、やがて本格的に絵を志します。36歳で二科展樗牛(ルビ ちょぎゅう)賞を受賞、一躍画壇の中央に躍り出ます。利行が画壇で活躍したのは、この頃から49歳で命果てるまでの約15年間という僅かな年月でした。これは、関東大震災後の復興期から太平洋戦争直前までの期間に重なります。浅草や山谷、新宿の簡易宿泊所を転々と放浪し、いわば街そのものがアトリエでした。鮮やかな色彩、奔放な筆触でバーやカフェの賑わい、そこで働く女給や人々を生き生きと描きました。
 本展では、近年再発見された《カフェ・パウリスタ》《水泳場》、約40年ぶりの公開となる《夏の遊園地》、そして新発見の大作《白い背景の人物》など、話題作を含む約140点で長谷川利行の画業の全貌を紹介します。凄まじくも美しい輝きに満ちた利行の作品をお楽しみください。





《夏の遊園地》1928(昭和3)年 個人蔵





《汽罐車庫》1928(昭和3)年 鉄道博物館蔵





《カフェ・バウリスタ》1928(昭和3)年 東京国立近代美術館蔵





《新宿風景》1937(昭和12)年頃 東京国立近代美術館蔵





《靉光象》1928(昭和3)年 個人蔵





《白い背景の人物》1937(昭和12)年頃 個人蔵





関連プログラム


関連講演会1「利行が歩いた東京、帝都復興の時代」
小林真結(府中市美術館学芸員)
日時:11月24日(土)午後2時より

関連講演会2「生きることは絵を描くことに値するか」
原田光(本展監修者、美術史家)
日時:12月8日(土)午後2時より

会場:関連講演会1, 関連講演会2いずれも足利市立美術館多目的ホール
定員:60名
*参加無料です。参加ご希望の方は電話(0284-43-3131)にて事前にお申し込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。
*展覧会をご覧になる際には、当日観覧券が必要です。(高校生以上)

学芸員によるギャラリートーク
日時:11月18日(日)、12月22日(土)各日午後2時より
*参加ご希望の方は、開始時刻に美術館入口受付へお集まりください。
*参加無料です(高校生以上は当日観覧券が必要)。

学芸員による対話型鑑賞
日時:12月16日(日)午後2時より
対象:小学生〜一般
定員:15名
ファシリテーター(司会役)が先導し、みんなで自由に感想を話しながら展示を鑑賞します。
*参加ご希望の方は電話(0284-43-3131)にて事前にお申し込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。
*参加無料です(高校生以上は当日観覧券が必要)。


足利市立美術館

〒326-0814
栃木県足利市通2丁目14-7
TEL.0284-43-3131
FAX.0284-43-3133

更新:2018/11/12
足利市立美術館ブログ





2018年度カレンダー

2018年度年間スケジュール