本文へスキップ

  ASHIKAGA MUSEUM OF ART

〒326-0814 栃木県足利市通2丁目14-7

TEL.0284-43-3131

開催中の展覧会



BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展
 ―絵本の50年 これまでとこれから―


2017年4月8日(土)~5月28日(日)




ミロコマチコ《オレときいろ》 BIB2015金のりんご賞 ©mirocomachiko


2017年4月8日(土)~5月28日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30分まで)
休館日:月曜日(5月1日は開館)
観覧料:一般700(560)円/高校・大学生500(400)円/中学生以下無料
*()内は20名以上の団体料金
*足利市立図書館の図書館利用カードをご提示の方は2割引になります。
*障害者手帳をお持ちの方は観覧料が免除になります。
*「いきいきパスポート」をお持ちの方、および両毛広域都市圏内にお住まいの65歳以上の方は無料です(住所・年齢を証明できるものをご提示ください)。
*第3日曜日「家庭の日」(4月16日、5月21日)は、中学生以下のお子さまを同伴のご家族は無料となります。

[主催]足利市立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
[協賛]ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
[後援]スロヴァキア共和国大使館、絵本学会
[協力]スロヴァキア国際児童芸術館(BIBIANA)、一般社団法人 日本国際児童図書評議会(JBBY)、足利市立図書館、鑁阿寺、(公財)足利市みどりと文化・スポーツ財団、東武鉄道(株)

 2015年に創設50周年を迎えたブラティスラヴァ世界絵本原画展(通称BIB)は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年に一度開催される、世界最大規模の絵本原画コンクールです。実験的でユニークな作品が集まることで知られる同展ではこれまでに多くの日本人作家が受賞しており、日本の絵本が国際的に評価される場となってきました。
 本展ではBIB50周年を記念し、2部構成により、日本の歴代参加作品で絵本の50年を振り返るとともに絵本の最新動向をご紹介します。69作家による300点以上の絵本原画と書籍で「絵本の50年のこれまでとこれから」をお楽しみください。

第1部 BIB歴代参加作品でたどる〈日本の絵本50年〉
BIBの歴代参加作品で、日本の絵本の歴史50年を振り返ります。

第2部 BIB2015参加作品にみる〈絵本の今とこれから〉
日本国内選考を経てノミネートされた作品と、BIB2015の受賞作を紹介します。さらに、受賞作の関連作品や制作背景などを通して、表現や手法の多様化に迫ります。




→出品リスト

→絵本の50年 年表(BIBの活動を中心に)



第1部出品作品より



赤羽末吉《スーホの白い馬》BIB1969ノミネート ちひろ美術館蔵 ©Suekichi AKABA




片山健 《タンゲくん》 BIB1995ノミネート ©Ken KATAYAMA




酒井駒子 《金曜日の砂糖ちゃん》 BIB2005金牌 ©Komako SAKAI



第2部出品作品より




ローラ・カーリン 《アイアンマン―鉄の男》 BIB2015グランプリ
Illustrations © 2010 Laura Carlin/ From THE IRON MAN by Ted Hughes,
illustrated by Laura Carlin/ Reproduced by permission of Walker Book sLtd, London SE11 5HJ






ハビエル・サバラ 《かごの鳥》 BIB2015金のりんご賞 ©Javier Zabala




松本大洋 《かないくん》 BIB2015ノミネート ©Taiyo MATSUMOTO






関連プログラムのご案内

 

スロヴァキア料理を食べてみよう
日時:4月29日(土・祝)10:00~16:00
美術館前広場で開催する「まちなか元気市」で、スロヴァキアで親しまれている煮込み料理「グラーシュ」を販売します。1杯100円、この機会にぜひご賞味ください。
*なくなり次第終了となります。




ミニ上映会「銀河鉄道の夜」

5月7日(日)14:00~
「銀河鉄道の夜」を藤城清治の切り絵による美しい影絵劇で映像化した作品。藤城清治はこの切り絵による絵本でBIB1983の金のりんご賞を受賞しています。(2007年/日本/48分/影絵・演出:藤城清治/原作:宮沢賢治)
場所=多目的ホール/申込不要・参加無料


飯野和好とつくってチャンバラ! おっと痛快、絵本の旅すがた ―足利の宿で
513(土)10:30~15:30頃(サイン会は16:00~を予定)
BIB2015の出品作家で「ねぎぼうずのあさたろう」でおなじみの、飯野和好さんによるワークショップ。あさたろうの旅じたくをつくって、みんなで道中ねり歩きのうえお寺でチャンバラ合戦をします。終了後はサイン会も!

講師=飯野和好(絵本作家・BIB2015参加) 
場所=多目的ホール+鑁阿寺 
参加費=1人500円 
定員=先着25名(未就学児は大人同伴) 
持ち物=お弁当、好きな画材や布きれ・色紙など



電話[0284-43-3131]にて事前に申し込み込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。 *4/8(土)より受付開始




絵本の読み聞かせ会
416(日) 講師=小林静子さん
55(金)、521(日) 講師=足利市立図書館司書

各日14:00~/15:30~ 
場所=図書コーナー
申込不要・参加無料



美術館学芸員による図書館講座「絵本のこれまでとこれから」
422(土) 14:00~ *会場にご注意ください。
場所=足利市立図書館
申込不要・参加無料
お問い合わせ=足利市立図書館[0284-41-8881]まで

担当学芸員によるギャラリートーク
423(日)、527(土) 各日14:00~
申込不要・参加無料(当日観覧券[高校生以上]が必要です)


足利市立図書館連携プロジェクト
・図書館利用カード提示で観覧料2割引!
・美術館で図書館司書による絵本読み聞かせ!
・図書館でBIB関連図書を展示!
・図書館で美術館学芸員による講座を開催!


【同時開催】「美術館の本棚 2017」
4月8日(土)~5月28日(日) 特別展示室 入場無料
手に取って鑑賞できる、本の形態をした美術作品を紹介します。
出品作家:太田泰友、小林雅子、さいとううらら、松永亨子、湊七雄、山崎曜、鷲津民子

→美術館の本棚の詳細



足利市立美術館

〒326-0814
栃木県足利市通2丁目14-7
TEL.0284-43-3131
FAX0284-43-3133

更新:2017/48
足利市立美術館ブログ





2017年度カレンダー

2017年度年間スケジュール

次回企画展として「BIB 50 周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本の 50 年 これまでとこれから―」が4月8日(土)~5月28日(日)に開催されます。以下で展覧会チラシがご覧いただけます。
→BIB2015チラシ


同時開催展として手に取ることができる7名のブックアート作品による展覧会「美術館の本棚2017」を特別展示室にて開催します。
→美術館の本棚の詳細