Back   ホーム
ウインドウズ 共通事項

Back


作業ウインドウの説明が出来ますか?

 作業ウインドウとは、Windowsの各プログラム実行・作業しているときに作業するための画面のことです。

Back


作業ウインドウの各所部分名称の説明が出来ますか?

 これは、ワードパッドについてのウインドウ内説明です。

 他のプログラムも基本は同じなので、覚えておくと便利です。

Window

コントロールボックス  コントロールボックスは、すべてのプログラムで共通したものです。クリックすると、作業ウインドウに対しての[元のサイズに戻す]、[移動]。[サイズ変更]、[最小化]、[最大化]、[閉じる] が含まれています。
ボーダー  ボーダーとは、ディスクトップ画面と作業ウインドウを分けているものです。ボーダー上にマウスのカーソルを合わせてドラッグすると、画面サイズを自在に変更できます。
タイトルバー  タイトルバーはプログラム名と作業ウインドウの名前を表示します。新規に作成して保存すると、保存した時の名前が表示されます。
画面最小ボタン  画面縮小ボタンを押すと、ディスクトップの下にあるタスクバーに格納されます。この状態では作業は出来ません。
 いくつかの作業ウインドウを開いている場合などに違う作業ウインドウを開きたい時に使用します。
 タスクバーに格納された画面は、作業ウインドウ名が表示されます。
拡大・戻しボタン  クリックすると、作業ウインドウを最大に拡大したり、元の画面の大きさに縮小されたりします。
終了ボタン  [ファイル]-[終了] と同じようにプログラムを終了させます。
 また、プログラムと作業ウインドウの両方にある場合、下のボタンは作業ウインドウのみを終了させます。
メニューバー  実行プログラムの作業を行うのに使用出来るコマンドが格納されています。
 メニューバーは、プログラムによって多種多様です。
ツールバー  ツールバーは、作業を行うためのメニュー内コマンドを作業ウインドウに表示したものです。
 これらを使用することにより、すばやくコマンドの実行が出来ます。
ルーラー  ルーラーは、印刷したときなどの余白部分を指定します。
 文章を綺麗にまとめたり、画像が大きかったりした場合は、ルーラーで余白の調整を行えます。
ステータスバー  メニューバー内のコマンドやツールバーのコマンド上にマウスを持っていくと、それらコマンドの説明がステータスバーに表示されます。
 不明なコマンドをいちいち実行する必要がありません。
作業エリア  自由に文章及び画像を作成・編集できるエリアです。

Back


いくつものプログラム作業ウインドウで作業するには?

 Windows は、同じプログラムや別のプログラムの作業ウインドウを同時にいくつも表示することが出来ます。

 もし、作業中にいくつもの作業ウインドウを開いていた場合、タスクバーには最小画面の状態のウインドウがいくつも並びます。

 その時に、名前が隠れてしまった場合や同じプログラムでどれか不明な場合はクリックすることでも見れますが、簡単に見る方法があります。

 下記の方法を覚えておくと大変便利です。

  1. キーボードの下のほうにある[Alt]を押しながら、キーボードの左にある[Tab] を押します。
    (Key > [Alt] + [Tab] )
  2. 現在、作業しているプログラムのアイコンとその下にファイル名が出るので、[Alt} を押したままで[Tab]キーを押して、画面の一番トップに持って来たいファイルを選びます。
  3. 後は、[Alt] と[Tab} キーを離せば、一番上に持ってくることが出来ます。

Back


作業ウインドウを移動したい

 タイトルバーの上でドラッグすると作業ウインドウが移動できます。

 また、タイトルバーの上で右クリックして、[移動] をクリックしても可能です。

Back


作業ウインドウを調整する

 作業ウインドウを並べて作業を行うことがありますが、作業ウインドウがいくつもあると自分で移動させて並べるのは大変です

 そこで、簡単且つ綺麗に整列出来る方法があります。

Back


重ねて表示、上下・左右に並べて表示する

  1. タスクバー上で右クリックするとサブウインドウが表示されます。
  2. ”重ねて表示”、”上下に並べて表示する”、”左右に並べて表示する”をクリック

Back


すべての作業ウインドウを最小化する

  1. タスクバー上で右クリックするとサブウインドウが表示されます。
  2. ”全ウインドウの最小化”をクリック

Back


元に戻す-並び替え、最小化

  1. タスクバー上で右クリックするとサブウインドウが表示されます。
  2. ”元に戻す-並び替え”又は”元に戻す-最小化”をクリック

Back


スクロールバーって何?

 スクロールバーとは、作業ウインドウの右端及び下部にある画面を上下・左右に移動するために使用するバーです。

 ほとんどすべてのプログラムについており、縦スクロールバー及び横スクロールバーがあります。

Back


スクロールバーの使い方

上下に一行づつ動かす場合:

  • 右端にあるスクロールバーの最上部、最下部のボタンを押すクリック.

左右に一行づつ動かす場合:

  • 作業画面下部にあるスクロールバーの最左部、最右部にあるを押すをクリック

画面1ページ分動かす場合:

  • 右端スクロールバーのインジケータの上下をクリック
  • 作業画面下部にあるスクロールバーのインジケータの左右をクリック

すばやく作業ウインドウ内を移動する場合:

  • スクロールバーの中にあるインジケータ、をドラッグ
  • ドラッグしたまま上下、左右に移動

Back


アイコンって何?

 アイコンは、各種プログラムのイメージを画像(グラフィック)にしたものです。

 これにより、文字を見つけなくてもイメージ画像により簡単にプログラムを探すことが出来ます。

 アイコンの機能は、プログラムのショートカット(短縮)コマンドとして使用しており、アイコンをクリックするだけで簡単にすばやくプログラムを起動させることが可能となります。

 ディスクトップに表示されているアイコンの右下に”Enterの矢印”が表示されているものは、”ショートカットアイコン”といいます。

 これらは、プログラムをクリックするだけですばやく簡単に起動させるためのアイコンです。

Back


メニューって何?

 メニューは、レストランなどのメニューと根本的には同じ内容であり、中身が食べ物かプログラムかの違いにすぎません。

  起動及び実行プログラムを選ぶためにクリックする[スタート]はスタートメニュー、[スタート]-[プログラム]で表示されるのはプログラムメニューです。

 メニューはそのメニュータイトルに合った中身があり、作業する人に対して解かりやすくプログラムをまとめて簡単に探せるようにしてあります。

Back


ショートカットキーって何?

 ショートカットキーは、プログラムをすばやく立ち上げるためのキーです。

 ショートカットキーとは、メニューなどからコマンドを選ぶことなく、簡単なキーボードでの操作でコマンドが実行出来ることをいいます。

 ショートカットキーには[Alt]キー、[Shift]キー、[Ctrl]キー及び[Tab]キーなどをアルファベットキーと合わせて使用することでコマンドを実行します。

 ショートカットキーは、各種プログラムの作業時に使用します。

 主なショートカットキーの一覧を”クリップボードの内訳は?”で紹介しています。

Back


反転、範囲指定って何?

 反転とは文字の上でドラッグして動かすと文字の色とその背景の色が入れ替わります。

 範囲指定とは、文字や画像の切り取り範囲及びコピー範囲を反転させることです。

Back


どうやって範囲指定するの?

  1. 範囲指定する文字の前にカーソルを合わせて右クリック
  2. ドラッグしながら範囲指定する文字・画像の最語尾までカーソルを合わせます。
  3. ドラッグの指を離して、反転している文字上で右クリック
  4. 切り取り、コピーなど好きなコマンドをクリック

ヒント:
カーソルを文字先頭に合わせて、[Shift]を押しながらキーボードの移動ボタン(矢印のボタン)を使っても範囲指定が出来ます。

Back


切り取り、コピー & 貼り付けについて!

 切り取り、コピー & 貼り付けの操作方法はほとんどのプログラムで共通している基本的な操作方法の一つでWindows 使用時にプログラムのアイコンを切り取り &貼り付けやファイルの作成時での文字のコピー &貼り付けなど数多く使用することがあります。

切り取り: 切り取りは文字・画像を削除する場合や他の場所に移動させるときに使用します。この時、切り取った情報はメモリーに記憶されており、再度切り取りは又コピーを行わない限り記憶されています。この、切り取った文字を編集又は保存したい場合は、クリップボードを使用することで可能となります。

コピー: コピーとは日本語で”複写”となり、文章や画像をそのまま残した状態で同じものを生成するときに使用します。これも切り取りと同じようにコピーした情報はメモリーに記憶され、再度コピー又は切り取りを行わない限り記憶されています。この、コピーした文字を編集又は保存したい場合は、クリップボードを使用することで可能となります。

貼り付け: 今まで切り取り及びコピーした文字や画像を指定した場所に表示させます。クリップボードで保存した情報を呼び出して違うプログラム作業時に貼り付けることも可能です。

クリップボード: クリップボードとは異なったプログラムの作業環境で使用されている文字や画像を共通のテキスト文字やOEMに変換して違うプログラムの作業エリアに貼り付けることが出来るプログラムです。クリップボードがあるために、様々なプログラム間のやり取りが可能となっています。

 切り取り、コピー & 貼り付けはとても基本的な手段の一つです。これらはWindowsを操作する環境で大変多く使用し、又されています。
 切り取り &貼り付けを”カット アンド ペースト”、コピー & 貼り付けを”コピー アンド ペースト”と呼びます。
 この呼び方は他のサイトなどでも記載されていることが多いので覚えておきましょう!

メニューからの使用方法

切り取り

  1. 切り取る場所を範囲指定します。
  2. メニューバーの[編集]をクリック
  3. [切り取り]をクリック

貼り付け

  1. 貼り付ける場所にカーソルを合わせます。
  2. メニューバーの[編集]をクリック
  3. [貼り付け]をクリック

コピー

  1. コピーする場所を範囲指定します。
  2. メニューバーの[編集]をクリック
  3. [コピー]をクリック

ショートカットアイコンの使用方法

切り取り

  1. 切り取る場所を範囲指定します。
  2. ツールバーの[切り取り]ボタンをクリック

貼り付け

  1. 貼り付ける場所にカーソルを合わせます。
  2. ツールバーの[貼り付け]をクリック

コピー

  1. 切り取る場所を範囲指定します。
  2. メニューバーの[編集]をクリック

マウスの使用方法

切り取り

  1. 切り取る場所を範囲指定します。
  2. 反転文字の上で右クリック
  3. サブウインドウが開いたら[切り取り]をクリック

貼り付け

  1. 貼り付ける場所にカーソルを合わせます
  2. 反転文字の上で右クリック
  3. サブウインドウが開いたら[貼り付け]をクリック

コピー

  1. コピーする場所を範囲指定します。
  2. 反転文字の上で右クリック
  3. サブウインドウが開いたら[コピー]をクリック

Back


クリップボードって何?

 [スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]

 クリップボードとは、異なったプログラムの作業環境で使用されている文字や画像を共通のテキスト文字やOEMに変換して違うプログラムの作業エリアに貼り付けることが出来るプログラムです。クリップボードがあるために、様々なプログラム間のやり取りが可能となっています。 

Back


ほとんどのプルグラムの共通事項を知ってますか?

下記の表にあるものは、ほとんどのプログラムの共通事項となっています。

ショートカットキーは、[Ctrl]キーを押しながら[アルファベット]キーを押します。

アイコン ショート
カットキー
メニューバー内のパス 実行コマンド
New Ctrl-n [ファイル]-
 [新規作成]
新規のファイル作成
Open Ctrl-o [ファイル]-
 [開く]
既存のファイルを開く
Save Ctrl-s [ファイル]-
 [上書き保存]
現在のファイルを上書き保存
Print Ctrl-p [ファイル]-
 [印刷]
現在のファイルの印刷
Find Ctrl-f [ファイル]-
 [印刷プレビュー]
現在作業中のファイルの印刷した時の状態を確認
Cut Ctrl-x [編集]-
 [切り取り]
範囲指定をした部分の切り取り
Paste Ctrl-v [編集]-
 [貼り付け]
コピー又は切り取りコマンドで指定した部分の貼り付け
Copy Ctrl-c [編集]-
 [コピー]
範囲指定した部分のコピー
Undo Ctrl-z [編集]-
 [元に戻す]
文章などを直近の状態に戻す
Redo Ctrl-y [編集]-
 [やり直し]
[元に戻す]で実行する前の状態に戻す
Font   [書式]-
 [フォント]
書式フォントを選ぶ
Font Size   [書式]-
 [フォント]
文字の大きさを選ぶ
適正:10〜11
Bold Ctrl-b [書式]-
 [フォント]
指定した部分の文字を太文字にする
Italicize Ctrl-i [書式]-
 [フォント]
指定した部分の文字を斜め文字にする
Underline Ctrl-u [書式]-
 [フォント]
指定した部分の文字にアンダーバーを付ける
Left-align Ctrl-l   左揃えにする
Right-align Ctrl-r   右揃えにるす。
Center Ctrl-e   中央に配置する
Justify Ctrl-j   文章を均等割付する
    [表示]-
  [オプション]
ツールバー、書式バーなどの設定変更

Back


保存方法を説明できますか?

ここでは、ワードーパッドを使用したときの保存方法を説明します。

名前を付けて保存:

  1. ツールバーの[ファイル]をクリック
  2. [名前を付けて保存]をクリック
  3. 下記のウインドウが表示されるので、[保存場所]を選びます。
  4. [ファイル名]にドキュメントタイトルなど解かりやすい名前を付けます。
  5. [ファイルの種類]で作成したドキュメントを開くプログラムに合わせて選びます。
  6. [保存]をクリックすると保存されます。
  7. [キャンセル]をクリックすると”名前を付けて保存”の作業が中止されます。

保存する場所 メニューボックス右脇のボタンでメニューを開き、保存する場所を選びます。
一つ前に戻る これをクリックすると、現在指定されている[保存する場所]を前に指定されていた場所に移動します。
前に戻る 現在指定されている[保存する場所]の一つ上のフォルダに移動します。
フォルダ作成 保存する場所に専用のフォルダを作成する場合に使用します。
  1. [フォルダ作成]クリック
  2. フォルダ名を記入
表示方法変更 フォルダのアイコンを小さくしたり、アイコンを非表示にしてフォルダ及びファイル名だけをj表示したりと変更することができます。
ファイル名 自分の作成したドキュメントファイルに名前を付けます。ファイルの中身が解かるような名前を付けておきます。
ファイルの種類 作成したドキュメントファイルを他のプログラムで修正・編集する場合には、プログラム毎に与えられている形式を変更します。
保存 ボタン クリックすると現在の作成しているドキュメントファイルが保存されます。
キャンセル ボタン 現在の”名前を付けて保存”のコマンドを中止します。作業中のドキュメントファイルはなくなりません。

Back


ダイアログボックスって何?

 ダイアログとは日本語で”対話”です。Windows のダイアログボックスは対話式に操作方法を答えていくことで、簡単に目的のものに導いてくれる大変便利なものです。

 ダイアログボックスには、いろいろなタイプがあるので一言では申し上げられません。

 Windows 及び各種プログラムの共通ダイアログボックスを下記にいろいろと紹介しています。

 名称を知らなくても使用は出来ますが、覚えておいて損はありません。

Back


タブって何?

 ダイアログボックスを開いたときに上部にあるページの見出しです。タブをクリックすることで、

 ダイアログボックス内をタブの名称ごとに移動できます。

Back


フィールドって何?

 自分で作成したファイルなどを保存するときや検索などで文字を記入するスペースのことです。

Back


リストボックスって何?

 リストボックスは、あらかじめ用意されたプログラムや文章などを選ぶためのダイアログボックスです。

 リストボックス内のどれか一つをクリックして選択したプログラムを反転させてから[OK}ボタンをクリックします。

 複数選ぶ場合は、[Ctrl]キーを押しながらクリックすることで複数を選択することが出来ます。(リストボックスの種類によって出来ないものもあります。)

Back


ドロップダウンメニューて何?

 保存する場所を選んだり、ファイルの種類を選んだりするときに使用すうダイアログボックスです。

 保存する場所などの場合は、ドロップダウンメニュー内をクリックすることで、その中にあるフォルダを表示することが出来ます。

Back


ラジオボタンって何?

 ラジオボタンは、いくつかある選択枠内から適した項目を選択するためにしようするボタンです。

 また、オプションの指示をするために使用されることもあります。

Back


チェックボックスって何?

 チェックボタンは必要なものを選択する場合に使用します。

 ラジオボタンとの違いは、複数の選択が出来ることです。

Back


スライダーって何?

 スライダーは左右にスライドさせることでスライダーの項目数を選択することが出来ます。

 グラフィックプログラム内での透過度の指定やファイル/フォルダの圧縮度を選択するときなどに使用します。

 通常、各種ディメンションを考慮した1から100までの間の選択が可能です。

 これにより、微妙な調整なども可能となります。

Back


スピナーって何?

 スピナーは上下にあるボタンを押して、枠内数字などを変更させることが出来ます。

 これは数字を選択するのに使用されることが多くあります。

 印刷部数やページ数の選択など少数の数字を選択するのに使用しています。
 

Back


カラーボックスって何?

 カラーボックスは、48色の基本色が用意されています。
 これらは、色の部分をクリックすると”作成した色”の枠内に選択した色を入れて使用することが出来ます。

 基本色以外の色が欲しい場合は、右側にあるカスタムカラー画面で自分のあったカラーを作ることが出来ます。

 右画面上部はより原色に近く、下部はそれらのダーク系を選ぶことが出来、右端のカラースクロールバーで微妙なカラーを選択することが出来ます。

 又、右斜め下のカラーコードにある数字で、微妙な色の選択も可能です。

 画面に表示できる色の数は、モニタとディスプレイ アダプタの種類によって異なります。
 [High Color] では 65,000 色以上が、[True Color] では 1,600 万色以上が表示されます。表示する色の数が多いほど、必要となるプロセッサのリソースは大幅に増加します。

Back


Copyright 2001 Bagoo All Rights Reserved.