Back   ホーム
Outlook Express 編 その他

 OEの覚えておくと便利なものを紹介します。

 多人数で使用の場合のプライバシー保護方法もあります。

 メールは極力容量を少なくして送りましょう! 

 受け取り側が一般回線だと時間がかかる他、お金もかかります。

全般
[ツール]-[オプション]-[全般]

 メッセージの自動チェック時間の変更などの設定が出来ます。
セキュリティ
[ツール]-[オプション]-[セキュリティ]

 メッセージに含まれるウィルス防止などのセキュリティの設定が出来ます。

 安全性を重視したほうが良いことは良いのですが、希に必要な添付書類なども削除される場合があるので、使用する個人によって設定を変えてください。
メンテナンス

[保存フォルダ]-[変更]-
  保存場所を選んで-[OK]


 この中の保存フォルダを変更すると、メッセージを保存する場所を指定出来ます。

 通常は余り気にしない場所ですが、Cドライブに異常があった場合などの対策として、Dドライブなどの分かりやすい場所に保管しておき、バックアップを取ることでメッセージを保存できます。
一つのコンピュータを多人数で使用する場合のプライバシー保護

 ファイル > ユーザー > ユーザー追加

 ここでは、家族などでも読まれたくないメールなどプライバシーを確保出来ます。

 パスワード設定も出来るので、プライバシーが確保されます。

 メールアドレスが同じだと、間違って他のユーザーに行く恐れがあるので、アカウントを決めて、自分のMailBoxに移動するように設定してください。
アカウントの設定方法:ココ

 ユーザーの切り替えで、簡単にユーザー選択が出来ます。

HTML 形式のひな形を作る!

 メッセージ > ひな形 >ひな形の選択 > 新規作成

 ひな形を選択することも出来ますが、自分のオリジナルひな形を作って、みんなに送ってみよう!!


Web ページをそのまま送る!
 メッセージ > ひな形 >Webページ

 Webページでメールを作成して、そのまま送ることも出来ます。

 注意として、容量の重いメールは受け取る側が高速回線を使っていないと、受信に時間がかかりますので注意してください。


Back   ホーム
Copyright 2001 Bagoo All Rights Reserved.