Back   ホーム
マウスの使い方

Back


マウスの使い方

 一般に使用されているマウスは右クリックのボタンと左クリックのボタンの2つですが、最近ではその真ん中にホイールと言う指で転がしたり押したりすることが出来るボタンがついているものがあります。

 メーカーの付属でも最近はホイール付きのものが多いのでこのタイプのものについて解説していきます。

 マウスをうまく使えればかなり早くネットサーフィンが出来るようになる他、資料の作成などのパソコンで処理する作業が格段の差が出てきます。

 ガンバってマスターしましょう!!

Back


クリック・ドラッグ・ドロップ・右クリックって何?

マウスの基本操作を説明します。

クリック 左のボタンを一回押すこと(シングルクリックともいいます。)
又、このサイトではクリックと言ったらこのことです。
ダブルクリック 左ボタンを連続で二回押すこと
ドラッグ 左ボタンを押したままの状態で動かすこと
ドロップ ドラッグしたまま移動させて、任意の場所で左ボタンを放すこと
右クリック 右ボタンを一回押すこと
右クリックの場合だけ右という言葉を使います。

ドラッグ&ドロップ 練習Click Here

Back


ホイールの使い方

マウスの中央に付いている回転するローラーのことをいいます。。

 ホイールを回転させることで、長い文章をパソコンで読む場合などいちいち右横についているスライドバーまでカーソルを移動させなくて簡単にページをスライドさせることが出来ます。

 また、ホイールをクリックすると、矢印が出てきてスライド方向に動かせば、後は触らないでも同じ速度でページをスライドさせることが出来ます。

 ホイール付きマウスを使うと、他のマウスは使いづらくなってしまいます。(作者談)

Back


クリック・ドラック・ドロップ・右クリックの使用方法

 クリックは通常指定・実行の場合などに使用しますが、インターネットなどはキーボードで文字を打ち込まなくてもマウスだけで簡単にネットサーフィンが出来ます。

 これを使用すると、インターネットに表示された文章・画像やワープロソフトで製作した文章、画像などをコピーして、好きな場所に貼り付けすることが出来ます。

マウスでコピー& 貼り付け(短い文章などの場合)

  1. コピーする文字・文章の先頭でドラック
  2. 文字・文章の最後まで範囲指定すると文字の色が反転
  3. 反転させた文字・文章の上にカーソルを合わせて右クリック
  4. サブメニューの中の[コピー]をクリック
  5. コピーしたい場所(例えばIEのアドレスバーの中)をクリック
    何も表示されませんがコピー場所の指定となります。
  6. 右クリックでサブウインドウ内の[貼り付け]をクリック

    注記:リンクなどしている場合、カーソルが指の形になりますが、指のカーソルでは出来ません。必ず、カーソルが指以外の状態でやってください。

マウスでコピー& 貼り付け(長い文章などの場合)

  1. コピーしたい文章の先頭の文字をドラックして反転
  2. 一度ドラックしている指を放して右横のスライドバー及びホイールを使用して、文章の最後尾を表示
  3. key > [Shift] を押しながら文章の最後の文字の右直脇をクリック
  4. 反転している文字・文章の上で右クリック
  5. サブウインドウ内の[コピー]をクリック
  6. あとは、好きなところに持っていき、コピーする場所をクリック
  7. 右クリックしてサブウインドウ内の[貼り付け]をクリック

ページ内の全てをコピー&ペースト

  1. コピーしたい文章のどこか一部分の文字をドラックして反転させる
  2. 反転した文字の上で右クリックして、サブメニューの中の[すべて選択]をクリック
  3. ページ内すべてのものが指定されます。
  4. サブウインドウ内の[コピー]をクリック
  5. あとは、好きなところに持っていき、コピーする場所をクリック
  6. 右クリックしてサブウインドウ内の[貼り付け]をクリック
全部・部分印刷、全部・部分切り取り方法
  • 上記のコピー&ペーストの解説内の[コピー]部分を[印刷]又は[切り取り]に変更
  • 部分印刷は、インターネット上にある画像のみ印刷したい場合などに使用可能です。
  • 切り取りは、書類の訂正部分をカットしたり、カットした部分を文章の前後に持っていきたい場合などに重宝します。

Back


右クリックが出来ない場合のコピー&ペースト

極希に右クリックしたときに出てくるサブメニューが使用出来ない場合があります。そんなときは、慌てず騒がず下記の方法で対処してください。

コピーしたい場合

  1. マウスでコピーする場所を範囲指定して文字を反転
  2. key > [Ctrl] + [C] でコンピュータに記憶させます。
  3. コピーしたい場所をマウスでクリック
  4. key > [Ctrl] + [V]で指定場所にコピーします。
すべて指定したい場合
  1. 1.key > [Ctrl] + [A] でページ内すべて指定出来ます。

Back


その他

  • マウスの右クリックする位置でサブメニューが変わります。
  • exeファイル(プログラムファイル)上で右クリックすると[開く]、[送る]などが使えます。
  • ディスクトップ上にショートカットを作る場合などには、[送る]で[ディスクトップ(ショートカット作成]を選べば簡単に出来ます。
  • また、リンク上で右クリックすると別ウインドウで開くことや、写真やGIFの画像などは一回その対象をクリックしてから、右クリックで[名前をつけて画像を保存]することで、必要な部分だけゲットできます。
  •  その他、いろいろあるので徐々に開拓してください。

Back


マウスの動きが遅い・鈍い

ボールマウスなどは定期的に清掃が必要です。

  • マウスパッドを使用している人はパッドの清掃、使用していない人はパッドを使ってください。
  • ボール式のマウスの場合は、マウス裏面の蓋が外せるので、外してボールと中のローラを清掃してください。
  • ワイヤレスの場合は、赤外線受信部に近づけて使用してください。
  • トラックボールの人は、手を洗って使用するようにしてください。
  • あとの人は、電気屋に走ってください。

Back


マウスカスタマイズ

クリックボタンとポインタのカスタマイズを行います。

クリックボタンのカスタマイズ

  1. [スタート]をクリック
  2. [設定]にカーソルを合わせて、サブウインド内[コントロールパネル]をクリック
  3. コントロールパネル内の[マウス]をクリック
  4. [ボタン]タブをクリック
  5. 自分のオリジナル設定を行う。
  6. [適用]をクリック
  7. [OK]をクリック
  • ”ボタンの設定”で利き手を選択
  • ”ダブルクリックの速度”でダブルクリックの押す時間を変更
    変更後は、右の紫の箱で確認
  • ”クリッククロック”でクリックでもドラッグした状態に変更
ポインタのカスタマイズ

   ポインタの配色

  1. [スタート]をクリック
  2. [設定]にカーソルを合わせて、サブウインド内[コントロールパネル]をクリック
  3. コントロールパネル内の[マウス]をクリック
  4. [ポインタ]タブをクリック
  5. 自分のオリジナル設定を行う。
  6. [適用]をクリック
  7. [OK]をクリック

  • ドロップダウンメニューで”配色”を選べます。
  • 変更したいポインタマークをメニューリストから選んで、[参照]をクリックすると、個別に変更が可能となります。

   ポインタのオプション

  1. [スタート]をクリック
  2. [設定]にカーソルを合わせて、サブウインド内[コントロールパネル]をクリック
  3. コントロールパネル内の[マウス]をクリック
  4. [ポインタオプション]タブをクリック
  5. 自分のオリジナル設定を行う。
  6. [適用]をクリック
  7. [OK]をクリック

  • ”ポインタの速度”で、マウスを動かしたときのボインタ速度を調整します。
  • ”動作”は、ポインタをボタン上部に自動で移動させます。

Back


Copyright 2001 Bagoo All Rights Reserved.